2013/10/28
【チェリャビンスク隕石破片の行方】
2013年2月15日にロシアのチェリャビンスク上空で「爆発」した隕石の地表には落ちなかった破片(数百トン)が地球の成層圏に拡散する様を描く(赤い帯)。スオミNPP衛星が数ヶ月間観測したデータとGEOS-5による大気のコンピューターモデルを用いて制作された。拡散の状況は顕著だが、毎日地球に降り注ぐ宇宙塵や火山灰など自然界から発して大気に広がる塵の量に比しては微少だという。
Clip#:K0039549
この動画を検索
2013/10/21
【原始地球】
始生代(40億〜25億年前)の地球。火山の噴火、溶岩流、嵐・・・。月は現在よりずっと地球に近かったため大きく見える。大気は酸素を欠き、二酸化炭素、フロン、メタン、一酸化炭素などの温室効果ガスが主成分だったため、太陽の熱エネルギーはおよそ現在の70%だったにもかかわらず、地表の水は凍らず液状に保たれた。地獄のような環境の下、生命の誕生が始まった。
Clip#:K0033724
この動画を検索
2013/10/15
【ヒッグス粒子を作る】
2013年のノーベル物理学賞を受賞することになったピーター・ヒッグスが1964年に予言したヒッグス粒子の存在を裏付ける研究を行ったのはCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関。LHC加速器=大型ハドロン衝突型加速器で陽子を加速し、衝突させてヒッグス粒子を作る実験を重ねてきた。
Clip#:K0017103
この動画を検索
2013/10/07
【心臓と血液】
大静脈によって運ばれてきた非酸素化血液(青色)が心臓に到着すると右心室(中央下部)に入り、肺へ送られる。酸素化された新鮮な血液が肺静脈(赤色・左上部)を通して戻ってきて左心室に入り、大動脈(赤色・中央上部)を通して全身へ送られる。
Clip#:K0026740
この動画を検索


Previous Page 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 [ 73 ] 74 75 76 77 78 79 80 Next page